もう悩まない婚約指輪

Solution of Engagement Ring

Solution of Engagement Ring

婚約指輪のデザイン

子どものころから憧れていたブランドの婚約指輪、
コレ!と決めていたスタイルの指輪があれば、デザイン選びもそう迷うことはないでしょう。

しかし、特にこだわりがない場合は、
『どのようなデザインがあるのか、どのような宝石を入れるのか』ということも分らないかと思います。

婚約指輪として人気のデザインと、トレンドについてもご紹介いたします。

◇人気デザイン◇

●ソリティアタイプ
エンゲージリングと言えばコレ!というほど、昔から人気のスタイルです。

リングにダイヤモンドを一石乗せる、シンプルながら気品あふれるタイプです。

リングの形は直線だけでなく、曲線的なものもありますので、
シンプルでも飽きのこない指輪が作れます。

●エタニティタイプ
リングに同じ種類・同じ大きさの宝石を一周させるタイプです。

そのスタイルから、永遠に続く愛を表しています。

●メレタイプ
主となるダイヤモンドの両脇に小さなダイヤをあしらったタイプです。

0.2カラット以下のダイヤを『メレダイヤ』と呼びます。

●パヴェタイプ
ダイヤを『敷き詰める(パヴェ)』スタイルです。

主たる石の周りにメレダイヤを敷き詰めたりします。

ついうっとりしてしまうほど華やかです。

最近では、色の付いた石を配置する婚約指輪も人気となっています。

華やかさが増して、お気に入りの宝石を配置すればより愛着が湧きそうです。

意外な着目点で選ぶ

こちらhttp://www.jwl-aria.jp/にも書いてあるように、 どのようなスタイルの指輪にするか、どのような石を使うか、という事はとても大切なポイントです。

単純に指輪そのものの見た目で選ぶのも良いですが、少し違った視点から見る選び方も良いでしょう。

●指をキレイに魅せる
一生ものの大切なエンゲージリングは、
結婚し結婚指輪をつけるようになった後も使う機会が多々あります。

ご自身の手と指輪がマッチしていれば、付けることが楽しくなり、
箪笥に眠ってしまうこともなくなるでしょう。

人それぞれ手や指の形は異なり、似合う指輪も異なります。

例えば曲線的なアームを選ぶことで指が長く見えることもあるのです。

『見た目だけでいえばパヴェが好みだけれど、つけてみたら思ったよりも存在感がすごかった。
メレやソリティアの方が似合っていた。』
ということもあるのです。

やはり、機会があるたびに付けるものですから、似合う物を選ぶというのは大切です。
指の形で似合う婚約指輪も参考になりますので、是非ご覧ください。

●応用性
人によっては、結婚後全くエンゲージリングを付ける機会がない、という方も多くいます。

エンゲージリングは比較的華やかですので、普段使いには向かないかもしれません。

しかし、結婚指輪と重ねて付けることを前提として購入すれば、
少しオシャレした時などに付けることも出来ます。

指輪をするのは一本の指だけにしたいという方にも、
重ね付けは人気です。
こちらのサイト婚約指輪の形にも、参考になる解説がありましたのでご覧ください。