もう悩まない婚約指輪

Solution of Engagement Ring

Solution of Engagement Ring

素材(プラチナ・ゴールド etc.)

婚約指輪の素材としてもっとも主流といわれている貴金属がプラチナです。
そして、その次にポピュラーといわれているのがゴールドですが、プラチナとの差はかなりあります。

ゴールドは装飾品・宝飾品として非常に高い人気を誇る貴金属であり、
アクセサリーを買うのであればゴールド素材のものと決めている人がいるほど根強い人気を誇ります。
こちらのサイトの指のタイプ別婚約指輪 人気ランキングのページも大変参考になりますので、是非ご覧ください。

しかし、そんな人でさえ婚約指輪ならプラチナを選ぶほど、人気は圧倒的です。

この秘密は一体どこにあるのでしょうか?
その疑問にお答えすると同時に、プラチナをはじめとする様々な素材について解説しています。

プラチナの魅力

先述したとおり、プラチナはエンゲージリングの素材として非常に高い人気を誇ります。
実はこれには大きな要因があるのです。

それは、ダイヤモンドとの相性です。
エンゲージリングは宝石をセットするのが一般的ですが、永遠の輝きを象徴するダイヤモンドは
かなり昔から非常に高い人気を誇っています。

誕生石などの人気が高まっている中でも、婚約指輪を購入した人のおよそ90パーセント以上が
ダイヤを選んでいるということからも、人気が窺い知れます。

そして、このダイヤモンドの発する輝きともっとも相性が良いと言われているのがプラチナです。
ちなみに日本では白金とも書かれていますが、ホワイトゴールドとは違う貴金属です。

金属アレルギー

婚約指輪の素材選びの際に注意しておきたいのが「金属アレルギー」です。
これまでに発症したことがある場合は、当然対策が必要になります。
もちろん発症したことがないという場合でも、今後症状が引き起こされる可能性はあります。
それ故に十分な注意が必要です。

基本的にプラチナやゴールドは化学的な観点から見ても安定している金属です。
それゆえにアレルゲンとなることは非常に稀だと言われています。
しかし、実際に症状が引き起こされるリスクはゼロではありません。

このメカニズムは至ってシンプルなもので、金属から溶け出してしまったイオン成分が
人体のタンパク質と合成し、過剰な反応を起こしてしまうことを指します。

これを踏まえると、金属イオンが溶出しにくい成分があるということもわかると思います。
そしてその代表例が【サージカルステンレス】です。
この金属はもともと外科用手術のメスに使われていたもので、リスクを大幅に下げることができます。

近年ではボディピアスの素材としても注目されているので指輪にも応用可能です。

プラチナやゴールドに比べれば遥かに安全な金属ですが、それでも絶対に安全とは言えません。
安全のためにも十分に吟味を重ねる様にしましょう。
こちらのサイトに後悔しない婚約指輪の買い方についての解説も是非ご覧ください。